カラパイア 2017年08月27日
http://karapaia.com/archives/52244783.html

 その男性は、自分の腕を切り落とそうと思っていた。もしかしたら命を落とすことになるかもしれない。だがうまくいけばそれが自分の命を、果ては家族の命を救うことになるかもしれない。
 時は1941年。35歳の男性は、ドイツの工場で何ヶ月も強制労働させられていたが、2週間の休暇を許された。
 ポーランドの家に戻ったとき、家族は食糧難に苦しんでいた。彼はなんとか家族と生き延びる方法を考えた。もし工場に戻らなければ、ゲシュタポに捕まって殺される。家族と逃げたとしても捕まったら、全員強制収容所送りになってしまう。
 うまくナチスを出し抜けたとしても、今度は警察が遠い親戚まで見つけ出して処罰するだろう。ではどうすれば?
 医師がなにか医療的な免責事項をでっちあげてくれれば、工場での労働を免れることができるかもしれない。
 そこで、男性は自分の腕を切り落として仕事をできなくすることを思いついたのだ。
続き http://karapaia.com/archives/52244783.html