カテゴリ:
ファッションモデル、ダレノガレ明美さんを介してヘアドネーションを知った人がさらに増加しているらしい。髪の毛を医療用のウィッグ・かつらにするには31センチの長さが必要。だが事情によりどうしてもそこまで長く伸ばせない場合、15センチ以上で部分ウィッグを作る方法もあると知った。明美さんのツイートに「つな髪」を知らせてくれた人がいたのだ。より多くの人たちが知ってくれるといいな。可能ならば医療用のほうがいいだろうし、もっと広まってくれ。(名字、ダレノガレノと間違っていたw)

つな髪 公式サイトより
髪の長さが15cm以上からできるヘアドネーション
「髪の寄付には関心があったけれど長さが足りなくて諦めていた」という方も15cm以上あれば寄付が可能です。髪の長さが15cm以上で部分ウィッグや髪の毛付インナーキャップウィッグに、31cm以上で医療用ウィッグを作ることができます。また性別は問いません。どなたでも気軽に参加できる社会貢献活動です。
2017/07/15 
つな髪プロジェクトの記事が掲載されました。
2017年5月18日読売新聞「医療用ウィッグで私らしく」
2017年(平成29年)7月15日 土曜日 読売新聞夕刊
 
贈る髪 麻央さんの輪 医療ウィッグへ寄付急増
今年6月に乳がんで亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん。報道をきっかけに、つな髪へ寄付頂く方が増え、多くの方にヘアドネーションが広まっていることについて取材頂きました。