カテゴリ:
アンチHS=反幸福の科学。


このブログに、アンチHSのソフィア=ブリュンヒルデが来るようになったころを書こうと思った。コメント欄の最初だと思ってさかのぼってみたんだが、目当てのものが無かった。理由は思い出したので、あとで書いておこう。

去年だったろうか、いきなり私を中傷し始めた「七の日日記」(たぶん)というブログがあった。そのことを書いたら「善意の第三者」と名乗る人物がきて、あのブログは評判が悪いというようなコメントを入れていた。
私より新しくブログ村に登録されているはずで、他の記事タイトルを見ても特に悪いことは書いていないようだった。それなのに、なぜその人物は、評判が悪いと書き込んだのか? 理由は分からないがたいした事じゃないのでそのままにしていた。

後日知ったのだが、七の日日記のブログ主はトンヌラという変なHS信者であり、善意の第三者と名乗ったのは、トンヌラたちと何年も対立していたソフィアだった。敵対する当事者なのに、善意の第三者と名乗ってアオリをはじめたわけだ。

しばらくして「レオ」という名前でコメントを入れてきた人物がいる。何かおかしいな、このいやらしい性質は・・と少々不審に思いつつもそのままにしていた。
これもあとで知ったのだが、そのレオという名前はブログを持っているHS信者であり、やはりソフィア・ポンキチと対立する人だった。レオの性格が少しおかしいかのように、ソフィアがなりすましをして工作をしていたわけだ。彼がなりすまし常習犯であり、しょっちゅうHS信者たちに迷惑をかけていたとは随分あとになって知ることになる。


ソフィアのコメントが無かったわけ。
いつなのかポンキチが迷惑コメントを連投していた頃、非公開に設定しても表示される不具合が生じていた。そのとき仕方なくいくつかの非公開コメントを消したのだ。
ソフィアにだまされる人が出るのは迷惑だと思っていたので一緒に削除したのだろう。コメントだけバックアップしていたような気もするが、今は探すのも面倒だ。