カテゴリ:
2017/05/12
下書きのままのトピックが出てきた。
読んでみると冒頭に帯状疱疹のことを書いていた。この5月半ばで、発症してからもう9ヶ月になる。症状がひどかった部分は皮膚に茶色い傷跡が残っていて、少しずつ色が薄くなってきた。それより少し軽かった部分は、肌がガサガサになっている。そして、今でもまだ時々チクチクと小さな痛みやかゆみがある。



2016/11/17
虫歯のひどい痛みを何日もがまんしてたら、なんでか痛みがスパッと消えた

夏に帯状疱疹になってから、歯科通いを長いこと中断している。
胸や背中の痛みなど症状が長引いてつらかったのもあるが、歯科医院でもし水疱瘡になったことのない子供にでもうつったらと思うと、気が気ではなかった。

体に傷跡は残ったが、もう痛み・かゆみはほとんど無い。だがいまだに歯の治療再開ができない。もともと体調やメンタルが良くないので、長期予約しながら通院するというのがしんどくてストレスになり、また治療するぞ! という気力がわかないと動けないのだ。
それで虫歯が悪化したのか、ひどい痛みに耐えることになった。歯が痛いとき、同じ側のこめかみあたりもズッキーーンと痛くなる。さわると血管の脈が大きく、ぶち切れるんじゃないだろうなと思ったりもする。だったら病院行った方が楽だろうに、行きたいのに、それができないんだな。ほんとバカみたいだ。
そして何日も痛いのをがまんしていたら、歯茎がはれていき、それから先日ピタリと痛みが止まった。
なんだ?  もしかして、神経が死んじゃったか? 

そういえぱ、昔もそんなことがあった。金がなくて歯医者に行けず、ずっとがまんしていたら痛みが止まった。ずいぶん経ってから診てもらうと膿がたまっていて止まらず、まず半月ほどだか化膿止めみたいな薬を注入してもらわねばならんほど長引いたっけ。貧乏人というのはみんなこういうもんで、病気になってもなかなか治療ができずに悪化することが多いそうだ。歯の病気でも放っていたら菌が脳に回って死ぬこともあるらしいのに。

老後はホームレスになって自然暮らしも良いのだが、病気の治療ができないときの苦痛を想像すると、やっぱり人間社会の中で命を終えたほうがいいのかなあ・・・と楽な方に傾いてしまう。たまに知るのだが、ホームレス状態でひどい病気でも誰の援助も受けず治療せず、過酷な生活をして一人淡々と死んでいく人がいる。その忍耐力と覚悟には頭が下がる。そんなことが自分にできるだろうか?