17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった
――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影

祝福されて生まれてくる命と、ひっそりと葬られる命。それらを分け隔てるものは何だろう――。 産婦人科医院を舞台にした『透明なゆりかご』という漫画が注目を集めている。FacebookやTwitterでは「夫婦で泣いた」「出産経験があるなしに関係なく心にくるものがある漫画...
続き http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/10/bakka-okita-tomeinayurikago_n_7767708.html