アンチHSのペテン師hankを擁護している人物について


私やHS信者のぽん吉くんを偉そうに中傷していた「すいふと」というアンチがいる。以前適当に流しておいたが、いつまでも間違いを改めない奴だと分かって書く気になった。こういう高慢な自己チュー人間が、世間にウソ垂れ流しているのを放置しておくのもダメだろう。ちょっとくらいはふれておこう。思い付きで書いていくので、長くなりそうなところは後日触れるだろう。単純なところから始めて、あとは気が向いたときに修整しよう


さて、私が以前アンチのペテン師hankについて書いていたことに対して「すいふと」はこう中傷していた。

「ペテン師なんて、そうそう使う単語じゃない。
おそらく、かつてアンチの大御所○○○○○○氏に嫉妬して、彼をペテン師と罵倒していた者だろう。」
(すいふとのブログ 2 「自称一般人」より以下同じ)


いったい、そのアンチの大御所とは誰だ。ソフィーとのコメントやりとりをちらっと読んだが、ハンドル名アイマイミーこと、ア○ミ○くんのことかね?(教団にはとっくの昔に本名知られてるはずだし、ネット掲示板にも出てたから書いてもいいんだけどね)。

誰のことかは知らんが仮にアイマイミーくんのことだとしよう。私は初期には彼を信用して情報を提供していた側だが、彼は途中でくるっていった。何度か忠告をしたが、そのブログは嘘とはったり織り交ぜられ、醜い憎悪と罵倒の言葉で埋まっていった。こうして信頼していた多くの人をだまして、あげくの果ては全ブログ削除して逃げているではないか。

教団との裁判沙汰になった種村氏を全力で応援すると、勝つと断言していたようだが、いったいどこへ消えた? かつてある裁判について私がアイマイミーくんの重大な間違いを指摘したのだが、彼はそれを無視して嘘を訂正せず突っ走った人なのだ。まさにペテン師である。そんなのが大御所か? 事実だけを書いていたのならなぜ逃げた。私がそんな人間になぜ嫉妬する必要がある? 


要するに「すいふと」は、私がアンチに嫉妬しているなどという嘘を書き、卑劣な人間であるかのように印象操作しているわけだ。なっ、同じく卑劣な「すいふと」くん。そういうことなら私も嫉妬されていると書くのは正しいということだろう。

アイマイミーくんは初期には「幸福の科学をつぶすと誓った」と、そう書いていた。そして何かあるたびに「もう潰れる」「じき潰れる」と大げさに何度もほら吹いて煽りたてて何年もたった。それでも教団の勢力は弱まらない。
結局かれは、「幸福の科学を潰そうとは思っていない」などというようなどんでん返しの逃げ口上書いてすませた。「潰すと誓った」というあの誓いはどこへ行ったのだ。ペテン師どもめ。
できるなら彼のブログから文章を引用したいところだが、嫌気がしてろくに読まなくなってたらいつの間にか全部削除してあった。


ペテン師なんてたまにしか会えるものではない。ところが反幸福の科学という名目でそれをやったのが、アイマイミーくんだし、hankなんだよ。ほかにも何人かいる。次々と嘘を塗り固めて人を非難する彼らの卑怯な手口。だからそいつらをペテン師と呼んでいるわけだ。もし私に腹が立つのなら、仕切り直してアルゴラブ氏みたいにまじめなブログを始めれば良い。私への憎悪心が発火剤となるならそれも良いではないか。

よくわかりもせずに、同じアンチだからと喜んでペテン師の肛門にぶら下がっているキンギョの糞、こういう人たちはカルト教祖を妄信している狂信者と同じ穴のムジナのようなものだろう。そんな汚い穴で自己満足して何になるというのか。自分でもっと考えたらどうなのかと思うけどね。