アーカイブ

2016年03月

カテゴリ:
2016-03-31

平成28年3月14日、特別養護老人ホームに入所していた認知症の叔母さん(父方)が亡くなりました。齢80歳。
叔母さんからみて、兄の子である私がひとりでこの叔母に関する全てを執り行ない、総額42,360円の支出のみで完璧に満足のできる葬儀が出来ました。
本日様々な手続きを含めて全てが終わったので記録として書いておきます。
もしかすると家族葬の費用をかけずに行いたい方には参考となるかも(?)しれません。
続き http://anond.hatelabo.jp/20160331150720
  

カテゴリ:

思ったこと日記

うちは両親とも高血圧だったので、自分も年とったらそうなるのかなと思ってたら本当に血圧が高くなってしまった。昨年アレルギーで病院の内科に行ったとき、医者がたまたま心臓専門医だったので、いろいろ検査されながら、降圧剤を処方されるようになってた。看護師さんが、倒れる前に治療始められて良かったねと言ってくれた。でも病院での待ち時間がオンボロ体にはしんどいので、今年は通院してなかったし、自分も気をつけなきゃ。玉ねぎ食べるようになったり、3か月ほど前からは魚のDHAサプリ摂るようになってて、けっこう低くなってはいる。今は黒酢も飲んでみたり。食事でどの程度変わるかしばらく様子見ている。



むかしの実家で隣に住んでた先輩は脳幹で出血起こして、手術もできずすぐに亡くなった。59歳以下だったと思う。彼のお父さんが40歳代で脳卒中おこして半身不随になってらしたので、気を付けておられたと聞いているのだけれど、それでも避けられないことがあるからね。明るく優しい人で、体が悪かった僕のことを心配してくださってたのに。結婚が遅くて、二人の子どもはまだ学校へ通う年齢だった。かわいそうなものだ。

むかしの実家はご近所が4軒あった。左隣にあったのが上記家族のおうち。そして右隣はうちの父方本家。祖母は私が生まれる前に亡くなっていたし、祖父は63歳くらいで亡くなった。その長男だった叔父は45歳で病死。元気だった三男の叔父は60歳前後で突然心臓が止まって亡くなった(母方の祖父母も早く亡くなっていてよく知らない。祖母は母が小さいころに亡くなったというし、母方の伯母にも若くして病死した人がいる)。

その隣のうちではお姉ちゃんが53歳で病死。そこから少し離れたおうちでは、先代の跡を継がれたご主人が40歳代くらい? で事故死。奥さんが息子さん二人を育てたけれど、青年になった一人が自死されたという。うつ病だったらしい。当時は僕もうつ病が長引いてたところを何とか生き延びていた。夫にも息子にも先立たれた奥さんがかわいそうだった。けれども、若い時からうつ病を繰り返している自分には、息子さんの苦しみもわかるつもりだった。うつ病は回復するときが来るが、彼は症状が重いまま倒れてしまったのだ。頑張っても耐えられなかったのだから、仕方ないではないか。これも病死の一種ではないのだろうかと思う。

日本人の平均寿命は長くなった。運が良ければ長生きできるとしても、日々はあっという間に過ぎていく。人生は短いと思っていたほうがいい。

(2017/03/05 タイトル変更)



s <<===3/30 返信
ソフィーは釈放されてたのか。早く出れて良かった。
処刑されなくて何よりだったね。
がんばってアマミブログの感想書いてたけれど、
血圧上がらなかったかな? w
自分のブログにも残しておくんだよ。

アマミさんへの反論はいいとして、アンチの立場で信者のぽん吉くんとはこの先どう付き合っていくつもりなのかな? 彼の主張に対する反論というか説得とかはどうするのだろうか。前のことは知らないし、現状ではそれをやっているとは思えない。人のブログをあまり読まないので申し訳ないが、ソフィアブログではその試みをやっているからあえて必要はない、ということなのかな。それとも私みたいに、あまり気にしなくなっているのかな。
  

カテゴリ:
何日かぶりにブログ村「幸福の科学」カテゴリランキングページを見た。
注目記事1位として、『アマミちゃんのお気楽にもほどがある日々』の
「今更ながら一部にまだ転がってるとある疑問について(追記あり)」
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-12143299613.html
というトピックがあった。

とある疑問って何なのだろうと読んでみたら、
大川総裁・教祖の愛人疑惑に関する話題だった
昨日、とある信者さんとお電話させていただいてたんですが、
そこで、ものすごく遠慮されながら、質問されました。
「うちの支部の女性部の古参信者さんが、総裁先生に複数の愛人がいたという噂を信じてるみたいなんですが、アマミさんはどう思いますか?」

まあ、単純に言って、
元職員のアンチが流している嘘・デマなのだと、アマミさんが説明している。


昔ファルコンと名乗る元職員が、「幸福の科学」教団内で女性職員と不倫していた。そしてその女性は、なんと大川教祖の愛人でもあったので、ダブル不倫だった。それで色々と事情を知っている・・・。
などというような投稿が以前ネット掲示板にあり、まとめサイトにも転載されていた。ファルコン氏は同じ信徒だった最初の妻を裏切って、不倫の末に離婚したらしい。自分はあれこれと熟読しないタイプなので詳しいことは知らない。

でも、そのような元職員の話なんて何にも証拠がないとアマミさんは言う。
「大川総裁を敵視して貶めたい人間、もしくは大川総裁に愛人がいた方が得をする人間、それは誰か? そう、週刊誌やアンチ、前夫人などですね。」
ということで、捏造だと結論づけているようだ。
記事が長いので読むのがしんどい。後日もし気になったとき用に、ざっと見て一部抜粋しておく。それでも長い。

◆ ◆ ◆
http://ameblo.jp/amamikyo77/entry-12143299613.html

・・・つまり、「大川隆法総裁に愛人がいたら、とっくにネタにしてるあの連中が、こんな極上のネタを放置してるわけがない(笑)徹底追及して証拠を揃えてるはず」なんですね。
なのになぜ、いつまでたっても証拠がでてこないんですか?
そもそも、その疑惑のタネとなってるのは
『長年総裁先生のそばにいた前夫人やアンチになってる元職員たちの
「俺は見た!私は知ってる!」発言
(長年そばにいたくせになぜか証拠なしwww)』
だけです。
週刊誌が徹底追及しない時点で、もう答えは明らかですね。

(私がマジでアンチになったらここをこう捏造してここをこう・・・といくらでも悪知恵はあるんですが(笑)
基本的にアンチさんも「元職員のくやしまぎれの捏造情報」を鵜呑みにしちゃった純粋クンが多いので、
そういう意味ではやっぱり信じやすい人たちなんだろうなぁと思う)
【中略】

元職員のアンチさんが被害妄想からの創作・捏造が大得意というのは、数々の複数証言・反証事実からすでに私の過去記事で説明している通りです。

(ファルコンとかいう自称元幹部・実際はただのヒラ職員だったあいつとかwww還俗前に「俺には乙姫が降りてる」と周りの信者に真剣に語ってたらしいんですが、乙姫様からのご指導というのは被害妄想を吹聴しろってことだったんだろうか?教えてO畑さん!(笑)
T村とかいう自称幹部・実際は幹部だったのは20年以上前でとっくに還俗してた妄想カウンセリング先生とか。いまどこで生きてるんでしょうか?(笑)
前夫人にいたっては、離婚騒動の時に記者会見までわざわざして「大川には愛人がいます!」と言ってたのにマスコミが全然とりあげてくれないって、あなたどんだけマスコミからまでドン引きされてるんだよとwww)

【いっぱい中略】

えーと、短くまとめると

①まず証拠がない 
②前夫人は徹底して大川総裁を監視できる立場にいた(もし愛人いたら証拠にぎってないはずがない)
③そもそも愛人いたら前夫人とか悪魔が放置しとくはずがない、かならず血祭りにあげるか利用する

ここまで説明しないとわからん人もしかしたら少なくはないかも?
あと、これも基本中の基本ですが、

④総裁先生に愛人がいたらお子さん方が知らないはずないし5人とも総裁先生につくはずがない
もいれときますね♪
てなわけで、どこからどう見ても大川隆法総裁先生に複数愛人説はありえないというお話でした。
(^ω^)


◆ ◆ ◆

信じやすいのはこの信者さんたちも同じなので、教祖に愛人がいるはずがないと信じての発想になる。不倫は隠れてやるものだから、どこの家庭でも配偶者の不倫を知らなかったというのは普通のことだし、親の不倫を知っている子どもなんて数少ないだろう。

ファルコン氏は告発本を出版すると書いていたような気がするが、退会して何年たっても出てこないので、やっぱり確たる証拠は無いのだろう。あるのなら出版社は大喜びで飛びついている。関谷さんは『虚業教団』で正面切って戦ったが、ファルコン氏はそれができる人ではなかった(今後どうなるのかは知らない)

この信者側に間違って伝わっているらしい部分もある。
記事中に「ファルコンとかいう自称元幹部・実際はただのヒラ職員だったあいつ」
とあるが、彼は自称幹部ではなく、大川家の家庭教師だったと称していたのは知っている。秘書だったような話もあったかもしれないが、これは自分には分からない。

「T村とかいう自称幹部・実際は幹部だったのは20年以上前でとっくに還俗してた」
という部分。これは自称幹部じゃなくて、実際に幹部級の職歴があり、とっくの昔に還俗してたことは自身で明らかにしていた。そして今も時々ブログの更新をしていて、一部の退会者の相談に乗っている。
教団での彼の実体験は参考になると思う。でも呆れるほど病的な妄想体質でもあり、彼にしか頼れない人がいるのはかわいそうなことだ。

  

カテゴリ:
メイド喫茶の多い日本橋なんだが、このまえ買い物に行ったとき、
「日本で初めてのホスト喫茶」とかいう幟広告立てた店が開店していた。
日本で初めてなのかどうかは知らないけど、自分が聞いたのは初めてだ。

そういえば、何年か前、そのあたりのエリアにメイド駐車場だかメイドパーキングなんてのがあったっけ。メイド風の服を着たお姉ちゃんがいたんだけど、いつのまにか見なくなった。いろんなの出てくるものだ。

そしてまたそういえば、もうそろそろ「日本橋ストリートフェスタ」やるんだな、と思い出して調べたら、3月20日ということで、とっくに終わっていた。数年前に偶然一度見たきりなのだ。
その日はコスプレ軍団にも目を引かれたが、ド派手な「イタ車」っていうのが何台もあってびっくりした。
イタリア料理のことを「イタ飯」って呼ばれたらしいので、イタ車ってのも、はじめはイタリア車のことかと思ってたら、なんじゃコレだった。痛い車という意味らしい。車体中が女の子のイラスト満載、お祭の山車みたいだけど、あれで普段も走ってるんだろうから、不思議な感性の人たちだ。

最近のネットニュースで、警備員の女性がかわいいコスプレイヤーと間違われて大勢のカメラ野郎に囲まれたというのがあった。記事本文はろくに読んでないのでよくわからんが、あれはストリートフェスタの出来事だったっぽい。
  

カテゴリ:
ずいぶんと昔のことだが。
早朝、労働センターでの日雇いにあぶれて、どこかの飯場に様子を見に行こうとしたことがあった。急きょ電話帳か何かで住所調べた程度だから場所がよく分からない。うろうろしているうちに日が高くなってきた。もう無理だ。

そのとき、人気の無い道端に大きい犬がつながれていたのを見かけた。いったいどうしたんだ君は? と近寄ってみたら、毛並みは悪いし両目とも白内障で失明した老犬だった。こんなに年とってから捨てられていたらしい。
何となく家庭ゴミ集積場のような、道からちょっとくぼんだスペースだった。

なでてあげたが、目が見えないので怖がっているようだった。、黙ってじっと立っている。もう日が高くなり暑くなってきていた。だから夏だったのだ。日陰もないこんな道端でかわいそうに、これからどんどん気温が上がるのに。この老犬はどうなるのだろうか。だけど僕には何もできないのだ。

アパートに帰る前に、たしか天下茶屋あたりの公園で休んでいた。マルチーズみたいな小型犬の散歩をしているおじさんがいて、おばさんと話をしていたのが聞こえた。その犬は年老いて目が見えないそうだ。ただ、明暗の区別はつくらしく、日陰は怖いのか入らないのだと言ってらした。
犬は地面のにおいをかぎながら、公園に並ぶ植木の根元を、日向と日陰の境目あたりをちょこちょこと歩いていた。盲目でもにおいを大事にする犬にはうれしい散歩なのだろう。大事にされていた。

同じ老犬でありながら、道端に捨てられた者がいればこうして大事に扱われている者もいる。たった1、2時間程度の時間に、こんなにも差がある運命を見て悲しい気分がしていた。

  

カテゴリ:
むかし読んだ『維摩経』の印象を少しだけ覚えている。
この大乗経典では、前提として優れた知恵を持つ仏弟子、「文殊」の存在がある。実際には経典に登場するような文殊は釈迦の弟子としては存在しなかった。当時の新宗教だった大乗派閥側が、正統仏教たる部派教団に対抗するためのカリスマとしてつくり上げたようだ。部派側で尊ぶ実在した釈迦弟子(阿羅漢)より優れた人物として、大乗派閥にはスターが必要だったのだ。

さらに維摩経で創作が拡大する。出家者の中でいちばん優れた智慧のひと文殊でさえ、在家信徒である維摩詰との議論にはかなわなかったという話が作られた。教理が色々と盛り込まれ、維摩の思想が正しいかのような進行となっていく。こうして在家でも出家に勝る、超えられるということになった。そうなると、仏道成就のために財産や家族を捨てて出家しないでも良いことになる。在家中心主義と言っても良さそうな風潮が現れてきたのではないだろうか。

この程度の印象しか無い。特に釈迦があまり意識してなかった「空」に関する思想が盛り込まれていた気がするがもう分からない。いつかまた抄訳くらいは読むつもりなので、気に留めてみよう。
  

カテゴリ:
3月27日日曜
NHK総合1 午後11時25分~ 午前0時00分
幻解!超常ファイル「最新超常映像・解明スペシャル!」
http://www4.nhk.or.jp/darkside/x/2016-03-27/21/32556/2357065/

日本のテレビをにぎわす超常映像!UFO、未確認生物、不思議現象。その衝撃の映像テクニックや最新トリックを徹底検証!「えー!こうして作ってるの!?」▽栗山千明

  

カテゴリ:
3/21 この記事を批判する意見を下部に追加


3/19

【小保方晴子氏の実験では、使われたのがES細胞だったと判明していたんじゃないかな?
しかしほかのアプローチでSTAP現象が認められたというのが本当なら、これはすごい。
難しい話なので、まだ自分には分からない。】

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html
Business Journal 2016.03.19 文=上田眞実/ジャーナリスト

 小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。
 それは、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見したと論文で発表したものだ。
(中略)

 同論文には、小保方氏がストレス刺激で細胞の初期化を報告した「STAP細胞論文」の実験結果とよく似た部分があり、いくつかの共通点が確認できる。そ れは、「外的刺激で体細胞が初期化し、分化が可能な多能性を示した」という部分だ。つまり、STAP現象が確認されたということになる。

・・・続き http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html


その他、小保方氏擁護側の記事

「STAP騒動の真相」 STAP問題の元凶は若山教授だと判明…恣意的な研究を主導、全責任を小保方氏に背負わせ
2016.02.26 文=大宅健一郎/ジャーナリスト
http://biz-journal.jp/2016/02/post_13989.html


◆3/21 追加 

今回のSTAP論文についてワイが解説するwwwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1458366283/


1 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:44:43 ID:M5R
このスレはhttp://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1449897010/の再掲や

なんでこんなスレを立てたかというと
上記で解説したアメリカの論文をソースにして
またしても「STAP細胞はあった!」って騒ぎ立てられとるからや


 小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた
(以下ソース)
http://biz-journal.jp/i/2016/03/post_14306.html

    STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明
    文=上田眞実/ジャーナリスト

     小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。


    ※昨年末同様の意見を発表した木星通信こと上田まみ氏と同一人物か


3 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:46:06 ID:M5R
上記の記事を元に各ブログが
「小保方氏完全勝利」みたいな記事を上げまくっとる

最初に言うとくけどこれウソやからな


5 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:46:30 ID:M5R
まず物議を醸した,STAP細胞と小保方の論文について軽く振り返るで

・STAP細胞ってなんや?
 簡単にいえば体細胞に物理的な刺激(小保方の論文では弱酸の液)を与えることで
 体細胞になる前の未分化な状態に戻すした細胞
 発表当時はiPS細胞よりも手軽で成功率が高いと話題やった



6 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:47:09 ID:M5R
・小保方の論文って何がアカンだんや?

まず論文に掲載した各画像が元データを切り貼りして改変しとったから
捏造やんけ!と言われた
これのうち幾つかは予め「このデータとこのデータを1つの画像にまとめたで」って
註釈をつけとけば問題ないレベルものやったけど
明らかに擁護できないものも混ざっっとった

で,その後,論文内のコピペが見つかったりいろいろボロボロな論文やっちゅうことが分かってきた



7 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:47:34 ID:M5R
ほんで決定的なのが
「本人が200回以上成功してるって言うてるのに誰も再現に成功しとらん」ってことや

科学論文では基本的に実験手順を書く決まりがあるから
これに従えば(技術的な問題はあるかもしれんが)同じ結果を得られる筈なんや



8 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:47:53 ID:M5R
もちろん実験手順が書いてあるとはいえ
実験器具や試薬の調製云々のコツがあるかもしれんけど
当の理研で再現できとらん時点で
「弱酸の液に浸ければ体細胞が未分化の状態に戻る」ってのは
まず捏造と見てええ



9 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:48:26 ID:M5R
で,結局「小保方の論文は捏造」ってことでケリがついたのは
周知のことやと思う。

ほな今回の「STAP現象」なる論文は何なのか?ってことや
この論文のAbstractを見てみるで

We recently discovered a novel population of stem cells from the injured murine skeletal muscle.
These injury induced muscle-derived stem cell-like cells (iMuSCs) are
partially reprogrammed from differentiated myogenic cells and display a pluripotent-like state.
The iMuSCs exhibit stem cell properties including the ability to differentiate into multiple lineages,
such as neurogenic and myogenic differentiations; they also display a superior migration capacity
that demonstrating a strong ability of muscle engraftment in vivo. IMuSCs express several pluripotent and myogenic stem cell markers;
have the capability to form embryoid bodies and teratomas, and can differentiate into all three germ layers.
Moreover, blastocyst microinjection showed that the iMuSCs contributed to chimeric embryos but could not complete germline transmission.
Our results indicate that the iMuSCs are in a partially reprogrammed state of pluripotency, which are generated by the microenvironment of injured skeletal muscle.



10 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:48:41 ID:M5R
Abstract(摘要)を物凄く大雑把に言うと
怪我をしたマウスの体細胞が多能性(色んな細胞に成れる未分化の状態)になったで!
ってことや



11 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:50:37 ID:M5R
なんで怪我をしたマウスの細胞が多能性を持つようになったか?
これは怪我という物理的な刺激によって体細胞が変化を起こしたからやで!
ってのがこの論文の主旨や



12 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:51:16 ID:M5R
でや

ここで>>1のブログで論の飛躍が起こる

>>11の「怪我によって細胞が未分化な状態になった」ってのは
小保方の言う「弱酸の液に浸けて未分化な状態になった」っていうのと
一緒や!って言うとるんや



13 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:51:29 ID:M5R
確かにどちらも
「物理的な刺激によって」って点は共通しとる

けど小保方は飽くまで「弱酸の液に浸ければええんやで」って主張しとったわけで
この手法が実験で再現されないかぎり小保方の捏造は拭えへん



14 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:52:23 ID:M5R
つまり
今回の
「Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells
 (損傷誘導性による筋肉由来の幹細胞様細胞の特徴)」って論文は

小保方のSTAP論文の擁護・援用となるもんやない




15 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:52:41 ID:M5R
まとめるで

小保方は「体細胞を弱酸の液に浸ければ多能性のある細胞になる」と主張した

小保方の手法で誰も再現に成功しない

捏造やんけ!

別の研究グループが「怪我という刺激によって体細胞が多能性を持った」という論文発表

>>1のブログ「怪我も弱酸も『物理的な刺激』って点では同じやんけ!小保方理論は正しかった」

各ブログ「STAP細胞はあった!小保方氏完全勝利!」←いまココ




16 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:52:56 ID:R7N
なんでそんな勘違いしとるんや?



18 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:54:07 ID:M5R
>>16
おそらく「勘違い」やなくて「意図的な混同」や
小保方の後援会みたいな連中が>>1のブログとか記事を書いとる



19 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:54:36 ID:M5R
科学の世界では
「理論的には有りえるかもしれんけど,まだ実証できへん」って
ことが山ほどある

これにどういうアプローチをすれば実証できるかってのを
積み重ねていくのが科学や

小保方は「理論的には有り得るやろ!でも思い通りの結果にならへんだ!捏造の出番や!」を
やって
「ほれみろ!やり方は違ったけど大筋は同じ実験で別のグループが成功した!」
っていうても小保方の再評価には一切ならん

これが許されるなら科学者は理論的に有り得そうな現象を
「成功しました!」と捏造しまくって
後から誰かが別に手法でホンマに成功するのを待てば
自然と名声が転がり込んでくることになる



20 :名無しさん@おーぷん:2016/03/19(土)14:55:11 ID:M5R
例えるならこんな感じや

バカンティ・小保方「数字の2と5って何か計算すれば10になりそうっちゃうか?」
小保方「2+5で10になったで!」
世間「おい!なんぼ検算しても2+5が10にならへんぞ!捏造すんなクソアマ」
今回の研究グループ「2×5で10になったで!」

>>1のブログ「ほーれみろ!2と5を計算すれば10になるやんけ!」


その他、
まとめサイト 『ハム速』へ
http://hamusoku.com/archives/9205698.html



  

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律

カテゴリ:
このまえ大阪城へ寄ったとき、『ドーンセンター』を訪ねている。そこのロビーに「なくそう女性に対する暴力」という小さなリーフレットがあったのでもらってきた。全国に相談窓口があるようなので、気に留めておいてもらったら良いと思った。
2016-02DSCN1151
2016-02DSCN1149


法律の参考リンク

電子政府の総合窓口 e-Gov
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
『法令データ提供システム』より


配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律
(平成十三年四月十三日法律第三十一号)
最終改正:平成二六年四月二三日法律第二八号
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13HO031.html

(前文)
 我が国においては、日本国憲法 に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、人権の擁護と男女平等の実現に向けた取組が行われている。
 ところが、配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であるにもかかわらず、被害者の救済が必ずしも十分に行われてこなかった。また、配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難である女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、男女平等の実現の妨げとなっている。
 このような状況を改善し、人権の擁護と男女平等の実現を図るためには、配偶者からの暴力を防止し、被害者を保護するための施策を講ずることが必要である。このことは、女性に対する暴力を根絶しようと努めている国際社会における取組にも沿うものである。
 ここに、配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備することにより、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図るため、この法律を制定する。

詳細はこちら http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13HO031.html

  

このページのトップヘ

見出し画像
×