アーカイブ

2015年01月

カテゴリ:
オッサンの僕が電車で目的の駅について座席から立ち上がった瞬間、足元でカッチンカラカラと音がして小さい黒いものが転がっていく。バッグにつけていたバッジが取れて落ちたと気付いた。丸いそいつが鉄片なりにそこそこの音を立てて、向かい側座席下で止まるまで見守った。

そこに腰掛けていたのは若い女性たちみたい。顔を見ていないので服の感じから-その服装すらろくに見ていなかったんだが。バッジは少し間をあけた二人のちょうど間で止まってくれた。知らん顔して降りればゴミを放置したみたいで気まずいし、その足元からバッジを拾うという何とも恥ずかしいことになったが仕方ない。

ひとこと「すみません」とつぶやきながら手を伸ばす。小さいバッジにだけ集中していたから自分の姿が客観視できなかったけれど、あとで思うと、腰を曲げて手を伸ばした僕の顔は彼女らのひざ辺りに接近していたのではないか。そういえば、乗車したときに片方の女性がスカートを履いていたわ。もう片方はズボンだったような。どっちにしても、女性側はもしかして、キモイおやじが足を見てやがると思ったかも・・・。いや、早く拾って降りなければと急いでいて全く見ていないからね。あ、もしかしたらわざと物を落としたとか、盗撮用小型カメラと思われたかも・・・・などと段々不安になってしまった。ドアが閉まる前に降りれて良かった。ふー。
変態な男たちがよくニュースになる現代、小心者の僕には人ごみは苦手な場所だ。いやな疑いをもたれないよう、電車内ではたいがい壁や下を向くか窓にへばりついて外を見ている自分なのである。

痴漢が絶対に悪なのは当然として、できれば女性たちが短いスカートはくのをやめてくれればもっと被害が少なくなるだろうにと、このジイチャンとしては気になる。なんでパンツ(下着)見えそうな服装したがる? そんなに足を出したいもんなのかな? 特に日本では女子児童生徒になぜスカートの制服を強要するのか全く不思議でならない。性被害に会いやすい年頃だろうにさ。わざわざ見世物にしているんだから。その点は、ほんとうに教育者って頭のネジがどっか緩んでいると思うし、洗脳じみている感じがする。
自分はみにくい過去がある低レベルな人間だけど、ほんの少しでもまともに生きたい、人にもつらい思いをして欲しくない。バカだってそういうことも少しは考えるんだよ。

詐欺師からの料金請求書

カテゴリ:
下にコピーするのは、近ごろ届いていた詐欺メール。有料サイトの未納料金を払えという内容。当方では有料サイトを閲覧したことはないし、メールアドレスを公開したこともない。

文中のURLは一部伏せる。詐欺サイトであり、接続すると通信機のIPを解析される(だからといって、法的には何の効力も無く、該当者を調べる権限もない脅し)。サイトは保存できないように設定されているが、メールの下に画像キャプチャで残しておいた。
「?」と表示されている部分は何かのマークだったのかもしれない。料金を支払わなかったり、この文書を転載すれば何をするかということが、くどくどと書かれている。
 
民法467条に基づく債権譲渡及び未納料金支払い電子通知(電子通達)

前略-
この度、貴殿がログイン致しました通信機器からの有料番組サイトの未納通信料金を、インターネット事業者様より取得しました.
利用履歴により、貴殿には未納料金の催促に応じる義務がありますが、このままお支払頂けない場合は、法的手段への移行を行います.具体的には、民事訴訟を直ちに提起し、?貴殿が給与取得者であれば、勤務先からの給与債権を差し押さえ、?貴殿が個人事業主で、売掛金などの債権を取引先に有すれば、その債権を差し押さえ、?貴殿のご自宅が賃貸物件であれば敷金返還請求権を差し押さえ、?貴殿がご自宅を所有されていれば、その所有権を差し押さえた上で競売を申し立て、?更には、ご自宅内にある動産など、調査しうる範囲の貴殿の資産に対して執行手続きを申し立て、債権の回収を図ります.

但し、本日解決可能な唯一の救済措置は次の通り用意しています.
http://yayoi.*****.jp/

最終期日までに連絡なき場合、お支払の意思がない悪質な行為と見做し、当弁護士により法的手続きを開始します.
本件は、インターネット事業者様の通信履歴を確認し、有料サイト通信記録を有する方のみ通知しております.
身に覚えがない等と無視を続けられた場合、貴殿の財産に不利益が発生しますので、必ず対応して下さい.

民事第(ツ)友村明弘
番号05-2708-(救済措置のリンク先を確認する事)
(※)類似する、あるいは、名を騙る企業からの通達にご注意下さい.

上のメールに貼られていたURL該当ページ(クリックで拡大)

b6e09a24

 
退会用のボタンをクリックすると、詐欺師と連絡を取り合うことになるのだろう。
似たような件で、時々ドキュメント番組で放送されていたっけ。

このページのトップヘ

見出し画像
×