「生きている兵隊」石川達三著 アマゾンの読者レビュー欄

カテゴリ:
ずいぶん前から読もうと思いつつ手に取らなかった「生きている兵隊」、近頃やっと読んだ。中国で戦闘をしながら南京に入るという話。短めなので読み通しやすい小説だった。無抵抗な市民や、泣いている女性がうるさいからと、簡単に殺してしまう兵隊がいる。昔はそんなものだっただろう。

伏字版もあるとは知っていたが、それでは意味が分からないと思っていたので、全集版で読んだ。ところが今日ネットで説明を見ていると、伏字だった部分は傍線を引いて発行してあるそうだ。今になって、そりゃそうだろうなと思った。早とちりもいいところ。
読者の感想、あとで読む。

生きている兵隊 (中公文庫) 文庫 – 1999/7/1 石川 達三  (著)
アマゾン 読者レビュー  
_SX353_BO1,204,203,200_


南京で数万人という大虐殺はあったのか、インタビューでは二面性がある。
ウィキペディア 生きてゐる兵隊

■1946年5月9日の読売新聞のインタビュー記事で石川は、「入場式におくれて正月私が南京へ着いたとき、街上は死体累々大変なものだった」と自らが見聞した虐殺現場の様子を詳細に語っており、その記事が掲載された直後の11日の国際検察局の尋問では、「南京で起こったある事件を、私の本ではそれを他の戦線で起こった事として書きました」と述べている[1]。

■一方、逝去3ヶ月前にインタビューを申し込んだ阿羅健一によると、闘病中を理由にインタビューは断られたが、「私が南京に入ったのは入城式から二週間後です。大殺戮の痕跡は一片も見ておりません。何万の死体の処理はとても二、三週間では終わらないと思います。あの話は私は今も信じてはおりません」との返事をもらっているという[2]。


虐殺された中国の市民がどれくらいかは分からない。しかしあったことは事実。市民が川縁に集められて殺され、まとめて焼かれたりもしている。著者がそれら各地の状況をすべて見せてもらえたとも思えない。



・・・あまり読まなくなった本を読んでいたので時間かかるけど、少しは活字に慣れるみたい。いつの間にか日時が過ぎていく。それでテレビのニュースやWEB記事読む時間は無くなる。頭悪いし不器用なんだから、あれもこれもと欲張ってないで、のんびりしたほうがいいか?
   

カテゴリ:
週刊金曜日編集部 2017年09月04日 12:13
巡査の「いじめ自殺」で遺族側勝訴的和解 愛知県警「パワハラ」認める(三宅勝久)  BLOGOS

2010年に愛知県警の新人男性巡査(享年24)が警察署内で拳銃自殺した事件をめぐり、先輩らのいじめが原因として遺族が愛知県を相手取り名古屋地裁に起こしていた国家賠償請求訴訟。今年7月、県側が「パワハラがあった」として非を認め、150万円を払う内容の遺族側勝訴的和解が成立した。事件から浮かぶのは、人権感覚が乏しい閉鎖社会のなかで苦しむ底辺の警察官の姿である。
   

カテゴリ:
2017年09月05日 06時00分

 長崎県新上五島町で2014年1月、町立中学3年の松竹景虎さん=当時(15)=が自殺したのは学校側が同級生によるいじめ防止義務を怠ったためだとして、両親が町と県に約6300万円の損害賠償を求めた訴訟は4日、長崎地裁(土屋毅裁判長)で和解が成立した。町はいじめが自殺の原因となり、学校側がいじめ防止策を怠ったことを認めて両親に真摯(しんし)に謝罪し、和解金4千万円を支払う。
続き https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/356039/



朝日新聞
中3いじめ自殺で和解 防止策怠ったと認め解決金支払い
田部愛2017年9月5日09時49分
http://www.asahi.com/articles/ASK944JPRK94TOLB012.html





中1自殺「いじめ疑い」、宮崎市教委の第三者委中間報告
2017年09月01日 読売新聞
 宮崎市立中学1年の男子生徒が昨年8月、いじめをほのめかすメモを残して自殺した問題で、市教委の第三者委員会(委員長=河原国男・宮崎大教授)が、「いじめが疑われる行為が数件あった」とする中間報告をまとめたことが市教委への取材でわかった。市教委は具体的な内容は明らかにしていない。第三者委は今後、確認された行為がいじめにあたるかどうかや、自殺との因果関係などを検討する。
   

このページのトップヘ

見出し画像
×