カテゴリ:
 
 日本を覆うヘイトスピーチの嵐は、年々その強さを増している。「女性が輝く社会」を横目に「JKビジネス」も横行。いつまでもこんなことを許していてはいけない。暴力、性暴力、貧困などさまざまな理由で家に帰れない少女らに食事や居場所を提供する一般社団法人Colaboの仁藤夢乃(にとう・ゆめの)さんと、政治家の言動や、サッカーの試合会場での差別発言や差別的行為を監視・記録し、情報発信するヘイトウォッチ団体、反レイシズム情報センター(ARIC)の梁英聖(リャン・ヨンソン)さん。それぞれの分野で闘う二人が語り合った。
   

カテゴリ:
ももクロの有安さん引退ということで、ニュース色々あったんだろうが、ネットで数編だけ読んだ。すると気になる記事があった。

自分はファンという訳ではないので出遅れたけれど、みんなはどう思っているのだろう。それで先日5ちゃんねるの、ももクロ・ももかスレッドに、記事一部をコピペして初めて投稿してみた。すると、糞なファンたちが出てきて、いきなりお前呼ばわり、アホ呼ばわりしてくるし、その他もろもろ。
ももクロのメンバーが性格良かったり仲良かったとしても、ファンにはこういう風に糞も味噌もいるんだと納得した。バカほど偉ぶってけんか腰で来る。まあ当然かw

私はその記事全文を信じたわけじゃないのだが、すべて鵜呑みにしたバカ扱いとされたww 糞ファンたちにむかついたので、ここにもその全文貼っておこう。
〈959 自分: 投稿日:2018/02/17(土) 22:22:30.91 ID:YHyTzraFM〉



有安杏果、ももクロ脱退理由は「事務所との衝突」!? 記者が見た卒業公演の“不穏な舞台裏”
2018年1月29日 8時0分 サイゾーウーマン


 突如グループ卒業、そして所属事務所との契約終了を発表した、ももいろクローバーZ・有安杏果。公式発表からわずか6日後に行われた公演を終え、瞬く間に芸能界から姿を消してしまったが、あまりのスピード展開や、有安の“意味深”な最後の言葉は、関係各所で物議を醸している。中でもマスコミ関係者は、この一連の事態を「有安が事務所からハブにされた結果」と見ているようだ。

 有安は1月15日、6日後の幕張メッセ公演をもって、グループの卒業と芸能界を引退することを発表した。

「公演終了後、囲み取材や単独インタビューなど、有安が公にコメントする場は一切設けられていません。また、オフィシャルブログも公演前に書かれたものが最後となり、3月中には削除されるそうです。その理由を、所属のスターダストプロモーションに聞いたところ、『もうウチのタレントじゃないので』と、冷たく言い放たれました」(テレビ局関係者)

 こうした事務所の対応に疑問を抱いたマスコミ関係者が取材を重ねると、有安の卒業は、事務所との衝突によって、急転直下で決定したことがわかったという。

「有安が、他メンバーやスタッフとの関係に悩み、事務所幹部に相談したところ、言い合いのようになってしまったそうなんです。有安の『このまま続けるのは難しいので、どうにかしたい』という主張を、事務所側は『嫌なら辞めろ』と突っぱね、続けて有安が『それなら辞めます』と言うと、『じゃあ今すぐだ』と……。その結果、発表から1週間足らずでの引退劇になってしまったんだとか」(同)

 この結論には、有安本人だけでなく、ほかのメンバーもさぞ驚いたことだろう。さらに卒業公演を訪れた取材記者たちは、有安と事務所の間に不穏な空気を感じていたようだ。

「有安は、ステージ上で『(ももクロの)10周年をここにいて迎えられると思っていた。でも、4人のこれからのために、こうするしかなかった』と発言しました。まるで、この時点での卒業が本意ではないと思わせるようなコメントを聞いたスターダスト関係者は、『余計なことを言いやがって』と、吐き捨てていたとか。さらにこの関係者は、スポーツ紙に対して『有安はハブいて、4人だけ記事にしてくれればいい』などと要請し、記者たちとも一悶着あったそうです。各マスコミ関係者とも、所属事務所にあるまじき言動には辟易の様子で、『むしろそっちを記事にしてやりたいくらい』と愚痴り合っていました」(週刊誌記者)

 活動10周年の東京ドーム公演を目前に、グループどころか芸能界からも去った有安。その真相が事務所トラブルだったとすれば、ファンは悔しさを感じざるを得ないだろう。
   

高千穂神社のプラ勾玉御守り、古くなってだいぶ擦り切れた。

カテゴリ:
高千穂神社のプラ勾玉御守り、古くなってだいぶ擦り切れ、傷だらけ。御守りとしてではなく、ご当地お土産のちびアクセサリーとして使っているから別にかまわない。思えば、買ってから30年くらいになるかな? あと数年持つだろうか。紐をリングに変える前は、鈴もついていたような? 忘れてしまった。

たかちほ20180217
   

このページのトップヘ

見出し画像
×