カメも人懐こくて賢いのがいる

カテゴリ:
ペットブログで見たクサガメの「りうくん」がなつっこくて可愛いかった。
ご飯が入ったボトルが分かっていて、せっせと歩いて近づく。早く食べたいんだけど自分ではふたを開けられないので、飼い主さんのところに「あれ食べたい」と言いに行くww かしこいわあ。


ふたを開けたい りうくん



・・・別の話。昔イシガメを飼っていた人の本を読んで楽しかった。カメって思ったより賢い子たちがいて、よく世話をしてあげれば人になつくんだと知った。わずかな記憶で・・・。数年飼っていて、ある程度大きくなったイシガメ。部屋に放し飼いにしていて、そばによってくる。家の中を飼い主さんについて歩く。自分だけでも歩き回って風呂場も好きだったみたい。寒くなってきたらストーブの前に陣取っていたけど、冬篭りもちゃんとしてたと思う。あれっ、覚えているのはコレだけか? 面白かったんだけどな。

子供のころ川でクサガメ見つけて一時大き目の金属タライで飼っていた。飼い方も生態も分からず調べようともしなかったらしい。無知なままで飼って冬になり、顔や手足を出さなくなった。それで死んでしまったと思ったようで、土に埋めた。馬鹿なオレ。かわいそうなカメ。川のそばに埋めたので、もし生きていて冬眠状態だっただけならば、春に目を覚ましただろう。だけど、それまで冬篭りにたえられるほど十分に餌を上げていた自信は無い。土に埋めるまでに何日か経ってただろうし、死んでしまったんじゃないだろうか。
子供のころの自分は生き物が好きだった割には、いいかげんな奴で、あまり愛情は無かったんだと思う。犬や猫が死んだときには泣いていたけど。

妹の一人がミシシッピーアカミミガメ(ミドリガメ)を二匹飼っていたが、しばらくして置いてけぼりにされたようだ。彼女はというと、捨てられたらしい子犬や子猫が可哀想だからと連れてくるが、自分は世話をしないで遊びまわるという自分勝手な人だった。カメもその後は残された僕たちが世話をしていた。外飼いにして殆ど遊んであげることもなかったためか、慣れなくて噛み付こうとすることがたびたびあった。小さかったから痛くはない。気性は荒いほうだと何かで読んだことはある。
それから数年して出稼ぎに行ったため世話ができなくなった。聞くところによると、その後二匹は父親が川に放したそうだ。このカメは外来生物なので環境的にはイケナイことだ。何十年も前のことだし、そんな知識も無かった父である。昔の人だから、ただ放す(捨てる)のは悪いと思ったのか日本酒を御神酒として少し与えたらしい。指に酒を着けて口先にさわったということだろうか? それとも背中にかけたとか? 人間の都合で振り回される生き物も、可哀想なものだ。

テレビで知ったのだが、最近の研究で、クサガメも外来生物だということが分かったという。すごく驚いた。
   

カテゴリ:
問題が多いアニマルカフェ
動物は簡単には死なない――。
たとえひどい環境であっても、食べ物と水があれば、ある程度の期間、生きることができる。しかし、自由がなく、習性や欲求を満たすことのできなければ、動物は徐々に身体的・精神的にも追い込まれていく。
ストレスが人間の病気の大半の原因となっていることは誰もが知る事実だが、同じことが他の動物にも言える。このことを考慮せず、簡単には死なないことを利用した娯楽が日本で広がっている。
フクロウなどの野生動物を利用した「アニマルカフェ」だ。
続き http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53120
   

カテゴリ:
牧内昇平2017年10月13日16時49分

 日本放送協会(NHK)の記者だった佐戸未和(さど・みわ)さん(当時31)が4年前に過労死していた問題で、佐戸さんの両親が13日、東京・霞が関の厚生労働省内で記者会見を開いた。佐戸さんの父は「未和は記者として、自分の過労死の事実をNHKの中でしっかり伝え、再発防止に役立ててほしいと天国で望んでいると信じる」と語り、再発防止の徹底をNHKに改めて求めた。
(中略)
 NHKは今月4日夜のニュース番組で、佐戸さんの過労死と労災認定の事実を公表した。佐戸さんの死後4年余りにわたってこの事実を公表しなかった理由について、NHKは「遺族側の要望で公表を控えていた」と説明しているが、佐戸さんの父は会見で「事実ではない」と反論した。
続き http://www.asahi.com/articles/ASKBF5CN9KBFULFA02C.html 



女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。[窪田順生,ITmedia]
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/17/news026.html



【NHK過労死】両親が初めて語った「NHKへの不信感」と「亡き娘への思い」〈会見詳報〉
文春オンライン http://bunshun.jp/articles/-/4556


   

このページのトップヘ

見出し画像
×